ピンクリボン月間

「ピンクリボン」を、ご存知ですか?

乳がんの正しい知識を広めながら、検診の早期受診を進めています。

10月は、啓蒙キャンペーン月間です。

著名人の乳がんを起因とした訃報をお聞きするたびに、早期発見・早期治療の大切さを思い知らされています。

 

*国立がん研究センターの、がんによる様々なデータ

2014年の罹患数(全国合計値)

 

1位

2位

3位

4位

5位

男性

大腸

前立腺

肝臓

女性

乳房

大腸

子宮

男女合計

大腸

乳房

前立腺

 

*2016年の死亡数が多い部位順

 

1位

2位

3位

4位

5位

男性

大腸

肝臓

膵臓

女性

大腸

膵臓

乳房

男女合計

大腸

膵臓

肝臓

 

*2006-2008年診断例の5年相対生存率(男女計)

1位・前立腺(男性のみ)97.5%、2位・甲状腺93.7%、3位・乳房(女性のみ)91.1%

 

2人に1人がかかるといわれています“がん”は身近な病気とも言えます。

がんの中でも乳がんを見てみますと、がんにかかる確率は高いのですが、5年生存率も高いのです。

病状や部位などによっては、長期治療による治療費負担増や仕事の制限による収入減も想定しておきましょう。

高額療養費を使用しての自己負担額の確認、がん保険や医療保険の内容確認、貯蓄等の自己資金、ピンクリボンを機会に健康診断の受診等、ご自分や大切な人を思いながら備える月間にしたいですね。

 

情報サイト  ”とくっち” 
FP・尾西の 「家計簿相談コーナー」 は コチラ