人生100年時代の社会保障制度

人生100年時代と言われて久しく感じます。しかし、今から50年以上前をさかのぼると、そのころの平均寿命は、男性70歳前後、女性75歳前後「厚生労働省:平均余命年次推移より」でしたので、日本で定年と言えば「55歳定年」が一般的でした。

100年の長寿時代には、様々な変革が必要になっています。特に、医療・介護制度や社会保障制度は一刻も早く変革が求められています。

 

高齢者の定義

皆さんは、何歳の方を高齢者と位置付けているでしょうか。

日本老齢学会では、65~74歳を、“准高齢者”。75~89歳を、“高齢者”。90歳以上を、“超高齢者”と、提言しています。

これに伴い、公的年金の繰り下げ受給や、高齢者の就労に伴う厚生年金の加入など、高齢者でも働ける社会を目指す社会保障制度の充実がより現実味をおびてきました。

 

厚生年金の適用拡大・在職老齢年金制度

現在、60歳以上でも働いている会社員は1000万人を超えているとの報告もあり、そのうち厚生年金に加入している割合も7割近くに上り、長寿社会では働き方が大きく変わっているのが実情です。

ただ、現状では所得を得ながら公的年金を受け取ると、所得額が ある一定の金額に達すると年金額が減額となるため就業をためらったり、所得額を制限していました。

 

2022年からは

*繰り下げ受給の上限年齢を、70歳から75歳に引き下げるようにする。

*65歳未満の在職老齢年金については、支給停止の基準額を28万円から47万円(65歳以上と同額)に引き上げる。

*従業員501人以上の企業においても、月収8.8万円以上等を満たせた場合、厚生年金に加入できる。等。

 

100年時代を行く抜くためにも、働きやすい環境・様々な働き方が増え、長く働く事を希望する方には、公的制度を利用して 賢くより健やかに過ごすことができると良いですね。

 

情報サイト  ”とくっち”  FP・尾西の 「家計簿相談コーナー」 は コチラ